3DCADの操作スキルを持つBIMオペレーターの将来性

3DCADの操作スキルを持つBIMオペレーターの将来性

従来、建築設計では、2次元で作成した図面をもとに3次元を現場で作成するのが主流でしたが、3DCADソフトの普及により、設計の段階から3次元で描くことが出来るようになりました。それにより、意匠や実際に近い色合い、素材の質感や光の反射などもリアルに表現することができます。計画の初期から実際の建物の完成形をイメージすることができ、施主へのプレゼンテーションや施工業者とのコミュニケーションが計れ、普及は急速に速まっています。これらを目的とした仕組みの名称をBIM、Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)と言います。

BIMを使用した建築設計のメリット

BIMモデルは、一つの建物モデルを構成する全てのデータが連動します。2次元CADのみで作図を行う際、例えば一つの部屋を修正した場合平面図、立面図、断面図、屋根伏図、パース、面積表、数量表など全ての図面を修正する必要がありましたが、BIMでは自動的に全てが自動修正されます。それにより、修正作業の時間を大幅に減らすことができ、修正し忘れることも格段に減らすことができます。納まりが難しい箇所も線分だけではイメージしづらかったのが、3Dで目視できることにより完成予想が早い段階でできることもメリットです。

BIMオペレーターの普及について

現在、建築設計で主力の3DCADはAutodesk Revit、ArchiCAD、Rebroです。それぞれ2DCADと比べると複雑な操作方法になるのと、新たな知識を必要とするため、CADオペレーターよりBIMオペレーターは不足しているのが現状です。また、数年前より世界主要市場でのBIM使用状況や導入効果について調査されたレポートも発表されており、日本の技術向上のため、BIMオペレーターを採用したい会社も増えてきています。実際に操作をするオペレーターだけではなく、技術を指導できるようなインストラクターとしての立場の仕事も増えています。これからはCADオペレーターではなく、BIMオペレーターとしてのCADを学ぶと、まだまだ発展途上の分野なので貴重な人材として働くことができます。人材が不足しているという点から、入社後学べる機会を用意している企業も少なくありません。現在CADオペレーターとして就業されている場合、スキルアップとしてBIMを習得出来るような会社に従事して仕事をしながら覚えるのも一つの手でしょう。もちろん、全ての業務をBIMで完成させるにはまだ難しい場面も多いので、状況に合わせて2次元CADと3DCADを扱える人材もとても大事です。3DCADでモデルを作成するだけではなく、シミュレーションを行うようなソフトの普及も高まっています。例えば、照明シミュレーションができるDIALuxなどです。こちらはフリーソフトでどなたでも使うことができるソフトとなっています。自然光が部屋にどんな影響を与えるかなどの解析もできるので、具体的な部屋の色感を確かめたり、プレゼンテーションの資料として提示したりすることができます。これから色々な使用方法ができるであろうBIM、是非一度学んでみることをおすすめします。