未経験からCADオペレーターをこれから目指す方へ

未経験からCADオペレーターをこれから目指す方へ

CADオペレータとは、様々なCADソフトを使用し、そのCADの操作を専門的に行う仕事です。デザイナーや設計者が考案したものをCAD上で形にしたり、変更修正などを行ったりするのが主な仕事です。ものづくりに係わる職種、建設、機械、電子機器、部品、服飾、自動車など様々な場面で専用のCADが使われているため、さまざまな分野で活躍することができます。

CADオペレーターと設計者の業務の違い

設計者の主な役割は、ものを作るための形状を考え決定する「設計する技術」で、CADオペレーターに必要なのは「形にする技術」になります。設計者がCADを使用し設計することもありますが、納期にまでに全てを一人で行うには大変な業務となります。形にする部分の役割を担うことで、効率的に仕事を進めることかできるため、CADオペレーターの役割はとても重要です。

 CADオペレーターに向いている人は

CADの操作だけではなく「何のために必要な図面なのか」「何に使用される図面」かなど「ものづくりに対して興味を持てる方」が向いています。興味を持つということは自ずと学ぼうという姿勢になるため、スキルアップにつながります。依頼者もただ操作が出来るだけではなく、内容が理解できるような方だと伝達もスムーズです。「集中力があり、正確できめ細やかな図面を作成できる」方も向いています。図面に間違いがあると、後々ものが出来上がった時に不具合があったり、重大なトラブルが起きたりします。ミスが少なければ、確認修正する時間も省け、効率的に仕事を進めることもできます。図面は設計者だけではなく制作者も使用するものなので、確実な図面を作成できるスキルが求められます。また、円滑に仕事をすすめるために協調性やコミュニケーション能力も求められる仕事です。

初心者でも受験可能なCADオペレーターで活かせる資格

・CAD利用技術者試験
1級と2級があり、1級の試験は建築、機械、トレースと分野別に分かれています。併願受験が可能ですが、1級の合格は2級を合格した方のみになっています。基礎試験はインターネットを使い自宅での受験が可能です。
・CADトレース技能審査
厚生労働省認定の試験で、初級、中級、上級があります。初級では図面をトレースする基本的なスキル、中級では図面の内容を読み取る力や分野に応じた製図を描けるか、上級では仕様変更に対しての対応力を求められ
るような試験になっています。初級合格後、上の級を受験可能です。
・3次元CAD利用技術者試験
試験内容は、主に機械系・製造系の3次元CADを利用する業務を想定されていて、自動車・機械メーカーを目指す人に良い資格です。1級、準1級、2級があり2級はどなたでも受験可能です。2級を合格した後、その上の級
を受けることができます。
・建築CAD検定試験
一般社団法人全国建築CAD連盟主催の試験で、4級から準1級までの4段階に分かれています。4級は高校生のみ受験可で、3級からが一般向けです。何級からでも受験可能となっています。CADのスキルと同時に基礎的な建築知識も求められる試験です。2級以上は、建築製図の知識も必要になり建築CADに特化した内容となるため、建築CADのスキルの向上に向いた試験です。