3Dcadで作成した作品を3Dプリンタで製造する方法

3Dcadで作成した作品を3Dプリンタで製造する方法

3Dプリンタを用いて、3Dcadデータでモデリングした作品を実際に出力する具体的な方法について解説します。簡単にその手順を説明すると、以下のような手順です。詳細は各項目で説明します。

3Dcadデータ作成⇒3Dプリンタのソフトに取り込み⇒造形

3Dcadデータの作成(STLファイル)

3Dプリンタにデータを送る前に何等かの方法で3Dcadデータを作成する必要があります。具体的な方法としては以下の3つの方法があります。

3Dcadシステムを用いてデータを作成
3DCGシステムを用いてデータを作成
粘土等で原型を手で作成して、その形状を3Dスキャナで読み取ってデータを作成

それぞれの具板的な操作方法はここでは省きますが、3Dプリンタで出力するためには、そのデータをSTLファイルで出力する必要があります。STLファイルの出力方法はとても簡単で、3Dcadシステム画面で『export』をクリックし、拡張子をSTLにすれば出力完了です。ただしここで終了ではありません。出力したSTLファイルにエラーがないかチェックして修正を行う必要があります。STLファイルのチェックと修正には専用のソフトを使用する必要がありますので、ここでそのソフトを紹介します。

Minimagics:マテリアライズ社製のSTLファイルチェックツールです。チェックツールとしては最も使用されています。チェックしてエラー箇所を表示するまでは無料で使用できますが、修正するためには有償のソフトを別途購入する必要があります。
MoNoGon:株式会社カタッチ製の国産ソフトです。エラー確認と修正に特化しており、操作方法も簡単で使い勝手が良いことが特徴です。このソフトもエラー確認だけであれば無料で使用できますが、修正するためには有償となります。

3Dプリンタのソフトにデータの取り込み

STLファイルの作成が完成したら、そのSTLファイルを3Dプリンタで出力するための準備を行うソフトに送ります。このソフトは3Dプリンタに専用の物が付属しており、その例を以下に示します。

3Dプリンタの機種:dimension  付属ソフト:catalyst
3Dプリンタの機種:Objet  付属ソフト:Objet Studio
3Dプリンタの機種:Replicator2  付属ソフト:MakerWare

実際の細かい使用方法はソフトによって異なりますが、このデータの取り込み作業では、3Dプリンタのワークと呼ばれる造形台の上に出力するモデルが収まるように配置したりします。

造形

STLファイルをソフトに取り込み、準備が整ったらスイッチを押して造形を開始します。一度造形が始まれば何もすることはありません。ただ待つだけです。造形が終了したら、3Dプリンタから造形物を取り出します。造形物にはサポートが同時に造形されていますので、そのサポートを手や金属のヘラ、ヤスリ等を用いて除去します。使用する3Dプリンタの種類によっては造形物とサポートに異なる材質を使用して、サポート材をアルカリ溶剤等で除去することができるものもあります。サポート材はメーカによって様々ですので、使用前に確認してください。最後に造形した造形物が設計通りに出力されているか確認して完成となります。

*
*
* (公開されません)