3Dcadシステムを購入する前に知っておくべきこと5選

3Dcadシステムを購入する前に知っておくべきこと5選

3Dcadシステムを購入する前にはあらかじめ自分の使用する用途を明確にしておく必要があります。この用途が明確でないとカタログやWEBで情報を入手しても結局はどの製品にすればよいかわからなくなります。ここでは、購入する前に知っておくべき5つの項目を紹介します。

何を作るために3Dcadシステムを購入するか

3Dcadシステムは様々な産業で使用されていますが、産業機械のような機械部品を制作するために使用するのか、或いは3Dアニメーション等の映像分野で使用するのかで、導入するシステムが異なります。自分の業種や作りたい製品を明確にして情報収集をします。

外部とのデータのやり取りがあるか

3Dcadデータの使用用途が、自社内部のみであるのか、或いは外部とのデータのやり取りがあるかも事前に確認する必要があります。自社内のみでの使用の場合はあまり気にする必要はありませんが、外部とデータのやり取りがある場合にはデータの形式や共通性を確認してシステムを検討します。例えば、solidworksを社内で使用して、社外に受け渡し先の3DcadシステムがCATIAの場合は、IGES等の中間ファイルで受け渡す必要がありますが、中間ファイルを用いると作成したデータの情報が全ては伝わらないため、注意が必要です。

どのような用途に使用するか

設計業務に使用するのか、デザイン作成に使用するのか、或いは3Dcadデータをもとに3Dプリンタで製品として出力するのか等、実際に使用する用途によってシステムの向き不向きがあります。

拡張性

3Dのモデリングのみに使用するのか、或いはモデルを使用して解析も実施するかについても事前に明確にする必要があります。解析機能が付属しているcadシステムもあり、解析業務を前提とする場合はこのようなシステムを選択するのも良いです。また、今は解析業務は行っていないが、将来的に解析を行いたい場合などは、使用しているcadシステムと親和性の高い解析ソフトもあるため、解析の内容が明確になっているのであれば、将来的に使用するソフトとの連携も意識しておいた方が良いです。

購入する前の情報収集

前述の項目を明確にできたら実際に3Dcadシステムを購入するための情報収集を行います。情報収集の方法は大きく分けて3つあるため、それぞれについて特徴を解説します。

WEBや雑誌

おそらく情報収集する上でWEB検索を行わない人はいないと思いますが、3Dcadシステムについても多くの情報がWEB上に存在し、広く情報を入手することができます。各システム販売元のwebページ等で製品情報を入手します。

展示会

さらに詳しくシステムの内容を知りたければ展示会に行ってみるのも良いです。展示会には多くのシステム会社が出展されており、デモも行われているため実際に製品を見ながら情報を収集できます。ただし、展示会の開催は東京や大阪の都市部でしか実施されていないことが多いため、地方の方は移動に時間がかかります。

セミナー

展示会でも多くの情報を入手できますが、各システム販売店等が実施しているセミナーに参加することで更に詳しい情報を入手することができます。また、実際に使用する用途を伝えて相談や質問することもできるため、有効な情報収集方法です。

 

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事