CAD の複写機能

CAD の複写機能

CADで製図作業を行ううえで頻繁に活用するコマンドとして、複写機能が挙げられます。

機械の製品図や住居・ホテルなどの平面図を作成するにあたり、ボルトなどの部品やベッドなどの家具を配置する作業が必要となりますが、現実問題としてこれらは同じ製品を使うことがほとんどであり、これらを1つ1つ作成していては膨大な時間がかかってしまい、作業効率の面で問題があります。

そこで、今回はCADでの複写機能について説明するとともに、効果的な複写機能の使い方についても説明してゆきます。

 CADでの複写機能

複写とは、選択したオブジェクトを、オブジェクトを元の場所に残し、そのままの形で指定した場所に移動させる機能です。(メール機能などでのコピーと同じ役割です)

この機能は、機械部品や不動産の間取り図で家具などの配置をする時のように、同じオブジェクトを大量に作り出したい時に大いに役立つと考えられます。

また、電気機器の基板のように、複雑な形状のオブジェクトについても設計図や製作図の製図業務にかける時間を大幅に短縮することが可能となります。

オブジェクトを正確に複写したい場合に使用するツールとして、「座標、グリッドスナップ、オブジェクトスナップ」などがある他、グリップを使用することで素早く正確にオブジェクトを複写できます。

ここからは、CAD上で複写の機能を行う方法について説明してゆきます。主な複写方法を次に挙げます。

・2点を指定して、距離を指定する

オブジェクトを複写する基点と終点(目的点) を指定し、オブジェクトを複写する方法です。複写元のオブジェクトを選択して移動の基点を指定し、目的の地点までの距離を測定したうえで目的点を指定します。すると、選択したオブジェクトが指定された方向に指定された距離の場所に複写されます。

・相対座標を使用して距離を指定する

相対座標を指定してオブジェクトを複写する方法です。移動元の座標値を入力した後、目的点に対して「Enter」キーを押します。この場合、座標値は基点の位置ではなく相対座標として使用されるため、このような呼び方をします。

※通常、相対座標を指定する場合は移動させる数値の前に@マークを入力しますが、今回のような場合は相対座標であることが指示されているため、@マークの入力は必要ありません。オブジェクトを複写して指定した距離だけ離れた場所に配置する場合、直接距離入力と直交モード又は極トラッキングを併せて使用します。

 CAD上で複写の応用的な使い方

次に、複写機能の様々な使い方を紹介してゆきます。

・連続複写

複写を示す「COPY」コマンドを使用し、指定した選択セットと基点から複数の複製を作成することができます。この操作では、次の機能がオプションとして含まれます。

一つ目に、指定した位置や移動距離で複製を作成できる点、二つ目に、自動的に指定した数の複製が線分パターンに間隔をおいて配置される点です。

連続複写の方法として、システム変数「COPYMODE」を使用する方法が挙げられます。この方法では、選択したオブジェクトが自動的に連続複写するかどうかをコントロールでき、店舗の平面図や住居の間取り図における小部屋を様々な場所に配置する場合などに活用されます。

*
*
* (公開されません)