CAD の円弧

CAD の円弧

建築図や機械製品の部品図を描く際、必ずと言っていいほど出てくるものとして、半円などの円弧があります。今回は、CAD上での円弧作成方法を説明し、皆さまの作図速度改善につながればと思います。

 CADでの円弧作成

CAD上で円弧を描くには、様々なコマンドの組み合わせがあります。具体的には、

3点(P)、始点・中心・終点、始点・中心・角度、始点・中心・長さ、始点・終点・角度、始点、終点・角度、始点・終点・半径、中心・始点・長さ、円弧・継続といったように、始点・中心・終点の中から二点を選択して二点間の角度などを定めて円弧を作成するといった要領です。

操作手順は、メニューバーから円弧コマンドを選択し、「メニュー」・「作成」・「円弧」の手順で操作を進める方法、もしくはツールバーの円弧アイコンから選択する方法が挙げられます。

ここからは、先ほど述べた手順での円弧作図例について説明してゆきます。

まず、任意の3点から円弧を描く方法を説明します。メニューバーから作成・円弧・3点(円弧アイコン)の順番にアイコンを選択します。そして、コマンドからarc円弧の支点を指定するか中心コマンドから交点を選択します。その後、円弧の二点を指定するか中心/終点までの交点を選択し、円弧の終点を指定するといった手順です作業を進めてゆきます。(一方、フリー作図を行う場合、OSNAPをOFFにしておく必要があります)

また、コマンドウィンドウで作図する場合、コマンドからarcを選択してEnterを押します。そして、円弧の支点を指定したうえで円弧の二点目を指定し、最後に円弧の終点を指定してゆきます。

円弧の作成方法として、この他に任意の二点と二点間の角度や長さで円弧を描く方法もあります。これらの方法のうち、今回は2点間の角度で円弧を作成する方法を説明してゆきます。メニューバーから作成・円弧・始点中心角度の順番にアイコンを選択してゆきます。OSNAPできる始点や中心点があり、中心角が分かっている時に始点・中心・角度で円弧の作成をしています。一方、円弧の終点が中心角で決まり、始点と終点が分かっていても、その中心点にPSNAPができない場合、始点・終点・角度を使用して円弧の描画を行います。

コマンドを使う場合、arc円弧の始点を指定するか中心コマンドから交点を選択します。

そして、円弧の二点目を指定して円弧の中心点を指定した後、円弧の終点を指定して中心角を指定して円弧を完成させます。

作成した円弧を引き延ばす手順

一方、作図した円弧の終点を使用して、現存する円弧を継続的に大きくする方法もあります。(円弧に継続して、指定した線分や曲線を描いてゆきます)

ここでは、コマンドを使った円弧の延長方法を説明してゆきます。

・コマンド:arcを選択し、Enter を押す。

・円弧の始点を指定し、任意の点(a0) を選択する。

・円弧の二点目を指定し、任意の点を選択する。

・円弧の終点を指定し、任意の点(a1) を選択する。

・コマンド:Lineを選択し、Enterを押す。

・1点目を選択し、線分の長さを指定する。

・次の点を指定し、任意の点(a2) を選択する。

また、線分に継続して指定した円弧を描く方法として、線分の作図が完了した後に、円弧コマンドを選択してコマンドウィンドウの「円弧の始点に指定」でEnter を押すと、線分の終点に接する円弧が、円弧のすう点を指定することで、継続的に円弧を描くことができます。

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事