CAD のBIM

CAD のBIM

最近様々な建設プロジェクトにおいて、設計で採用されているソフトウェアの一つに、BIMと呼ばれるソフトウェアがあります。そこで、今回はそのBIMについて説明してゆきたいと思います。

 BIMについて

BIMとはBuilding Information Modelingの略称であり、コンピュータ上に現実と同じ建物のモデルを作成して、より良い建物づくりを推進してゆくシステムのことを指します。

つまり、BIMではBIMツールで3次元モデルを作成して、建物の設計から施工・維持管理に至るまでの建築工事における一連の工程に関する情報を活用し、業務の効率化や建築デザインのイノベーションを起こす可能性を秘めた画期的なワークフローです。

BIMを利用するメリットとして、BIMモデルは一つのモデルを構成する全てのデータが連動している点が挙げられます。簡単に説明すると、建物を構成する構造物データを一か所修正すると、平面図・立面図・断面図・屋根伏図・バース・面積表・数量表などに修正が自動的に反映される点です。

これまでは構造物などの数値変更などデータに修正が生じた場合、先ほど挙げた各種図面や書類に手入力で修正を反映させる必要があり、手戻り作業によって莫大な労力と時間を費やされてしまうことになっていました。また、線の描画で構成された2次元の図面では専門知識の量によって建物の完成イメージを共有できません。そこで、BIMモデルを用いることで設計段階から建物の完成イメージを共有することが可能となります。それによって、設計・施工管理・営業など社内の関連部署間でプロジェクトの工程に関する早期の合意形成や、現場の進捗状況に関する情報や認識を共有でき、部署間の円滑な関係を形成することも可能となると考えられます。

ここまでの話を聞いていて、「BIMは3次元CADと同じではないのか?」と感じる方もいるかと思います。そこで、ここからは従来の3次元CADとの違いについて説明してゆきます。これまでの3次元CADは、2次元CADで図面データを作成してからそれを3次元の形状に組み立ててゆき、CGでシミュレーションするというのが大まかな流れでした。

ここで、完成品に寸法・仕様などの変更が生じた場合、関連する2次元CADデータを全て修正する必要があり、手直しに莫大な時間と労力がかかってしまいました。一方、BIMモデルはBIM上の3次元CADで直接モデルを作成します。そのため、仕様変更が生じた場合も、BIM上で部分的に修正を行えば、修正が関係する箇所に自動的に反映され、モデルそのものの整合性を常に保つことが可能です。

また、3次元モデルから2次元の図面を部分的に切り出すことで、モデルの編集に追従した図面の管理が可能である点もBIMの特徴です。

 企業に対するBIMの普及状況

次に、BIMが建設業の現場でどの程度普及しているか解説してゆきます。

2016年5月末に日刊建設通信新聞社が行った調査では、非常に興味深い結果が報告されています。この調査では、建築設計事務所21社、ゼネコン29社、サブコン11社の計61社を対象にBIMの導入・活用状況について調査しました。その結果、BIM導入の実績を積んだ企業が8割超、社内で水平展開を推進している企業が6割強という結果が得られ、BIMの普及が進んでいることを裏付けるものとなりました。(ちなみに、調査結果では建築設計事務所とゼネコンの普及率がほとんど同率という結果が得られました)

最後に、建築現場で採用されているBIMソフトとして、Autodesk社が開発したAutodesk Revit などが挙げられます。

*
*
* (公開されません)