機械系CADの仕事

機械系CADの仕事

自動車や航空機産業に代表される機械メーカでは、CADを用いた製品の開発や、それむけた試作が日々なされています。その中で、製品の設計に携わっている設計士の方々は自身が担当する製品の製作図の作成に追われていて、製品を構成する部品の図面管理まで手が回っていないことが多いのも現状です。

そこで、今回は機械製品の開発現場で活躍が期待されているCADオペレータのうち、機械系の業界について紹介してゆきます。

 機械系CADオペレータとは

まず、機械系CADオペレータの仕事について実務面でお話ししてゆきます。一般的に、機械製品は数多くの部品で構成されており、完成品の図面から一つ一つ部品に分けていったうえでそれぞれの部品を図面化してゆき、必要に応じて部品図の修正を行ってゆくのが機械系CADオペレータの実務です。

ここで、「完成品の製作図を描いた人が部品図の作成をすればよいのではないか?」といった素朴な疑問が出てくるかと思います。確かに、そのような考えも正論なのですが、現実問題として、ほとんどの企業や開発現場では製作図を描く設計士が不足しており、彼らだけでは部品図の作成まで手が回らないのが現状です。

このような現状から、機械製品の開発現場では機械設計に関する基礎知識を一通り持ち合わせていて、設計士が一通り説明したうえで指示通りにCADで部品図を描けるCADオペレータの需要が高まっています。ただ、作図する図面は企業やプロジェクトによって様々であり、2次元CAD・3次元CADどちらの操作にも対応できることが望まれます。

また、製品を構成する部品の構成表や設計資料の作成を任される場合もあります。

機械系CADオペレータが行う製図作業は、一般的にモデリングと呼ばれるものです。

モデリングとは、3次元CADを用いて簡単な部品図を描くことです。自動車を例に挙げて説明すると、モデリングでは、車のボディ、シャーシ、タイヤのシャフトなど自動車を構成する様々な構成品や部品を抜粋して、それぞれの外観図を描画してゆく作業を指します。

これに対して、ボディやシャフトだけでなくエンジンなど全体の構成を考えて、自動車の試作品を描く作業を試作と呼びます。

 現場で求められるスキル

前章で述べたように、機械製品の設計現場では、部品図を作成する人材が足りない状況が発生しており、この部分で機械系CADのオペレータに対する需要が出てきているのです。

ただ、開発現場では製品開発に向けた担当者間の協議に労力を割かれていて、現実問題として部品図を作成する人材を1から育てる余裕は、マンパワーの面で特に厳しい状況です。

このため、部品図の作成に携わるオペレータは、設計士からの一通りの指示で組立図に記載されている部品全ての図面を作成するとともに、場合によっては部品の構成表などをきちんと作成できるスキルが必須となってきます。

そのために、CADを一人で操作できることはもちろんとして、機械部品に関する一通りの基礎知識も求められてくるといえます。

ちなみに、部品図や部品の構成表を作成する作業はかなり地味な作業で、機械系CADオペレータは、几帳面さと忍耐強さが求められる職種です。一方で、CADオペレータの業務はどこの企業でも圧倒的に不足しがちな職種です。一つ一つは地味で小さくとも、コツコツと実務経験を積み重ねてゆくことで、機械製品の基礎知識を学ぶことができ、力学などの勉強と合体させることで将来的には機械エンジニアとなることも可能と考えられます。

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事