CADでの面取り

CADでの面取り

多くのメーカや建設業界では、図面作成においてCADの操作が必須となりつつあります。

その中で、今回は部品の修正機能としてよく活用される面取りについて説明してゆきます。

 面取りの手順

CADでの面取り作業の手順について、四角形を用いて説明します。

まず最初に、修正メニューから「面取り」コマンドを呼び出します。ツールバーは、角が点線になったようなもので、フィレットと似た機能と言えます。

コマンドを呼び出すと、最初に「現在の面取りの距離、1本目の線を選択」または「ポリライン(P)/距離(D)/角度(A)/トリム(T)/方式(M):」と表示されます。そして、ポリライン上の線分を選択します。(四角形の場合、オブジェクトを選択すると四角形全体が選択されます)

次に、「2本目の線を選択:」と表示されるので、右側の線分を選択します。すると、四角形の角の部分が面取りされます。

以上が面取り作業の基本的な流れです。ちなみに、AutoCADでは、2本の線分を一定の距離で削除し、削除した点どうしを線分で接続するといったもので、面取りというイメージとは少し異なるとも考えられます。

 オプション機能

次に、面取りで使用するオプション機能について説明します。

・ポリゴン(P):これは、2次元ポリゴンを選択するコマンドです。2次元コマンドは、一つの連続した線分であり、ポリラインを選択した時点で、自動的に角が全て面取りされます。操作手順として、コマンドを呼び出して「ポリライン」を選択します。そのうえで、図形を選択すると選択した図面の角が自動的に全て面取りされます。

・距離(D):この機能では、既定の値から面取りの幅を変更したい場合に用います。

ここで、面取りの幅とは選択した線分の面取りする位置を角からどの程度離れた場所にしたいかを示すものです。操作方法として、このオプションを選択した後、1本目の距離と2本目の距離を入力して設定します。オプションは一度設定すると終了してしましまいますが、もう一度同じコマンドを入力すると先ほど指定した数値がコマンドラインに表示されます。

・角度(A):この機能は、先ほどの距離と同様に角度から面取りを行うもので、角度によって面取りの大きさを調整することができます。

操作方法として、角度のオプションを選択すると、「1本目の線の面取り長さを指定」といったメッセージが表示されます。ここで、角からどの程度離れた場所で面取りを行いたいか決めます。次に、「1本目の線からの面取り角度を指定」と表示されるので、ここで面取りの角度を入力して面取りを行います。

・トリム(T):これは、名前の通り線分を残すか切り取るかの設定をします。他のコマンドとは違い、トリムコマンドでは面取りした箇所の元の線分を残すこともできます。

・方式(M):これは、面取りを距離と角度のどちらで行うか決めるものです。例として、オプションMと入力すると、「トリム方法を入力[距離(D)/角度(A)]」と表示されます。このように、このコマンドは面取りの方法を選択するもので、コマンドは連続して操作を行うことが出来ます。

 面取り寸法の方法

最後に、面取り部分に寸法を入力する方法を説明します。一般的な方法として、引き出し線を使う方法が挙げられます。操作方法としては、一般的な寸法記入方法と同様に「寸法」コマンドから引き出し線記入を選択し、「引き出し線の1点目を指定/設定」と表示されるので、「Enter」キーを選択するか設定を選択します。この時、設定を選択すると引き出し線の設定コマンドが表示されるので、「アタッチ①」のタブを選択して「最下行に下線」にチェックをして引き出し線記入時に数値が一番上にくるようにします。

*
*
* (公開されません)