CADでのビューポート

CADでのビューポート

CADでの作図作業において大切なことの一つに、ビューポートの設定が挙げられます。AutoCADには、「レイアウトビューポート」と「モデルビューポート」という二つの異なるビューポートが存在します。この二つの違いの判別がややこしいと感じる方も多いと思いますが、担う役割は大きく異なり、状況に応じて適切に使い分けることが必要です。

そこで、今回はビューポートについて説明してゆきます。ちなみに、ビューポートを作成する際、レイアウト全体に単一のビューポートを作成する場合と、レイアウト内に複数のビューポートを作成する場合に大別することができます。

 レイアウトビューポート

レイアウトビューポートとは、CAD上のレイアウトタブにて作成するビューポートのことを指し、主に印刷仕上がりを配置するための機能です。レイアウト内に複数のレイアウトビューを作成することも可能で、ビューポート作成後は必要に応じてレイアウトのサイズやプロパティの変更や尺度の設定・移動も可能です。

次に、新たなビューポートの作成方法を説明します。

「レイアウト」タブ内のレイアウトビューポートから「矩形」を選択します。そして、画面をクリックして新しいレイアウトビューポートの1つのコーナを指定し、もう一度画面をクリックして対角コーナを指定します。すると、新しいレイアウトビューポートオブジェクトが使用可能となり、既定のビューが表示されます。ちなみに、ビューを調整する場合、レイアウトビューポート内画面をダブルクリックしてモデル空間にアクセスします。

一方、矩形以外でビューポートを作成する場合は「レイアウト」タブ内のレイアウトビューポートからポリゴンを選択します。そして、画面をクリックして新しいレイアウトビューポートのコーナを指定し、データを保存して画面を閉じて完了します。

 モデルビューポート

次に、モデルビューポートについて説明します。モデルビューポートとは、モデル空間に作図作業を行う場合、作成するビューポートで複雑な画面や大きい図面をウィンドウを分けておき、必要な場所を表示させておく機能のことを指します。

モデルビューポートを用いるメリットとして、画面移動やズーム・スナップ・グリッド・UCSアイコンモードの設定・名前を付けたビューの呼び出しを行うことができるようになります。

モデルビューポートの操作方法を以下に示します。まず、コマンドを実行している時にビューポートを切替えながら作図をしてゆきます。そして、ビューポートの配置に名前を付けて、「モデル」レイアウトで再利用したり、名前を付けたレイアウトを挿入します。

一方、個々のビューポートでユーザ座標系(UCS) を保存しておくと、3Dモデルを用いて作業する場合、特に便利です。

また、複数のモデルビューポートを作成する場合の説明をします。「表示」タブ内の「モデルビューポート」パネルにある「ビューポート環境設定」のドロップダウン矢印をクリックして、使用するビューポート設定を選択します。

現在作成しているモデル空間をビューポートする場合、ビューポート境界の内側で任意の場所をクリックします。また、モデル空間を単一ビューポートにリセットする場合、表示タブ内のモデルビューポートパネルにあるビューポート環境設定で「単一」をクリックして設定変更を行います。

*
*
* (公開されません)