CADオペレータの年収

CADオペレータの年収

現在、多くの業界では図面作成においてCADの操作が必須となりつつあります。それに伴い、CAD操作ができる人材の需要が求められることが見込まれます。

その一例として、CAD利用技術者など CAD技能に関する資格が注目されていることが挙げられます。一方、CAD製図に関する仕事はその専門性の高さゆえに、業界の全体像はあまり世間的に知られていないものと見受けられます。

そこで、今回はCADオペレータの業界について収入面を中心に説明していきたいと思います。

 給与額の目安

CADオペレータの給料ですが、勤務先・オペレータの実力(主に経験)・雇用形態など様々な条件によって大きく変わってきます。CADオペレータは、CAD操作ができれば良いのではと思われがちですが、業務に携わるうえで担当する業界(建築業界、自動車業界など) の現場で飛び交う専門用語や専門知識を理解しておく必要があります。そのため、企業やクライアントとしても、新人オペレータのように経験の浅い人よりも、建設・製造現場出身であるなど経験値豊富な人物にCAD製図の仕事を任せたくなるものです。

このように、CAD オペレータは、高いレベルでの専門知識が求められる職種であり、その点が給与の違いに大きく反映されてくるといえます。

それでは、現実問題としてCADオペレータの給与とはどの程度なのでしょうか。一般的に、正社員のCADオペレータの年収は平均で 300~400万円と言われています。しかし、経験豊富で企業から認められるような人物の場合、500万円以上稼ぐ場合もあります。

また、派遣社員の場合は基本的に時給制で、時給はおよそ 1,000円~1,800円程度が相場です。(派遣社員の場合も、本人の技量によっては更なる好待遇を得ることも可能となります)

一方、フリーランスの場合は完全歩合制です。クライアントからもらえる仕事の数、オペレータが契約しているクライアントの人数、そしてオペレータ自身の技量によって収入に大きな開きがありますが、一般的にフリーランス(在宅ワーク) の方の年収は300万円強が目安と言われており、設計事務所や建築会社に勤務する場合と比べて収入額の他に福利厚生や資格補助の面でやや見劣りすると考えます。

 資格手当について

CADオペレータを雇用している企業では、基本給の他に「資格手当」を導入しているところもあります。CADオペレータは、図面屋の要素が強く、雇用している企業としては受注している案件(現場) の担当者の負担を軽減する目的でCADオペレータを採用している場合が多く見受けられます。(特に大手ゼネコンやサブコン)

このため、企業としても優秀な人材を手放さないために優秀な人材には待遇をよくするというわけです。

具体例を挙げると、「CAD利用技術者」の資格を持っている場合、月給で5,000~10,000円程度が手当として上乗せされます。

また、オペレータとしてのスキルアップを目的として、CADの資格取得に向けて講習料や受験費といった費用を会社が負担してくれる場合も多くあります。ただ、資格取得にむけては受験費・講習代いずれも金銭面での負担が大きいため、今後資格取得を目指している方は、就職先を決める際、資格取得に対する手当や補助制度といった待遇を調べておくことが重要といえます。

*
*
* (公開されません)