CAD関連の講座

CAD関連の講座

近年、CADは機械部品や建築物の設計において必須となりつつあり、CADの操作技術を取得することでCADオペレータとしての道が開ける可能性があります。また、オペレータを目指すに当たってはCADの資格が現場経験と並んでアピールポイントとなり得ます。
そこで、CAD資格を目指した講座について次の2点に注目して話を進めてゆきます。

・CAD資格講座の種類

・失敗しないCAD資格講座の選び方

CAD資格講座の種類

前述の通り、CADの資格講座は数多く存在しますが、その中でも特にお薦めの会社を5つ挙げます。

アビバ

ヒューマンアカデミー

ナガセキャリアセンター

Winスクール

東京デザインプレックス研究所

これらのうち、アビバはAuto Cad(dwg) とjwの2種類のソフトに対応している他、

各講座で難易度別に講座を分けている点が特徴です。この他にも、CAD利用技術者試験の対策講座も開設しており、講義期間は約2~3か月間です。

ヒューマンアカデミーは、建築コースが主体で講座数や講師の質で評判が高く、授業外でのフォローがしっかりしている点も特徴です。

ナガセキャリアセンター・Winスクール・東京デザインプレックス研究所では、講義の無料体験ができる点が特徴です。また、ナガセキャリアスクールはCAD利用技術者試験(1級) の合格率が約60%である点も特徴といえます。

失敗しない講座の選び方

CAD講座を受講にあたり、後悔しないために気を付けるべきポイントを挙げてゆきます。

・自分の目的に合った講座を選ぶ

CADの実務にあたっては求められる技能や知識が業種によって大きく異なります。また、講座によって難易度や特徴、講師との相性も変わってくるため、どのような仕事を目指すのかといった目標を明確にしたうえで各講座の特徴を比較したうえで、受講する講座の絞り込みを行うことが重要です。

・最低2回はスクールに足を運ぶ

CADの講座は、他の講座と比べて受講料が高く、無形の商品であります。このため、受講後に「受講料の無駄遣いだった」と後悔しないためにも、資料を取り寄せて気になる講座をピックアップし、講座の会場に行ってみて講義の様子や会場の雰囲気を自身の目で調べてください。そして、受講する講座を絞り込んだら申し込む前にスクールの担当者としっかり打ち合わせを行い、受講の目的とそれに対するカウンセリングをすり合わせて目指す

進路を共有するようにすることが重要と思います。

・継続して通える講座を選ぶ

どの講座を受講するにしても、最終的に学ぶのは受講者である皆さま自身です。どれだけ素晴らしい講座であっても、途中で挫折してしまっては本末転倒です。このような事態を防ぐためにも、まずは最低でも2~3カ月継続的に通える講座を選ぶことが大切です。

また、受講後学習内容が深まるにつれて壁にぶつかる場面が出てくるかと思います。そのような時に重要なのは、スクールスタッフのサポートであり、壁に直面した時に相談しやすい関係を築いてゆくことも重要と言えます。

・受講者の合格率を確認する

一般的に、CADの資格試験合格率はCAD利用技術者試験で 40%前後です。スクールによっては 80%近い合格率を掲げている所もあります。その場合、講義内容を一度スタッフの方に聞いてみたり、受講者の評判を自身で調べてみて、相手の情報に踊らされないようにすることが大切です。

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事