CAD関連の資格

CAD関連の資格

、CADの資格についてお話しさせていただきます。

CADの資格は様々な団体によって認定されており、CADの資格取得を検討している方々にとって、どの資格を取ればよいのか迷ってしまうと思います。

一方、一口にCADといってもソフトウェアを含めて様々な種類があり、取得したスキルが就職先で求められるスキルと違っていた、といったミスマッチが発生することも少なくありません。このような悲劇を避けるためにも、目指す業種とそこで求められるスキルを慎重に調べる必要があるといえます。

そこで、読者の皆様がCADの資格取得に向けた手助けとなれるよう、次の3点を

中心に話を進めてゆきます。

・存在するCADの資格について

・CADを就職に活かす方法

・3次元CADの将来性

CADの資格について

前述の通り、CADの資格試験は数多く存在しますが、受験者や知名度の点で次の3つが特に有名と言えます。

CAD利用技術者試験 (主催:日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会)

CADトレース技能審査 (主催:中央職業能力開発協会)

建築CAD検定試験 (主催:全国建築CAD連盟)

CADを就職に活かす方法

まず、業務面におけるCADの主要な役割として、設計・製図が挙げられます。ここで、製図においては「建築製図」と「機械製図」に大きく分類され、それぞれにおいて求められる知識や技能には大きく異なります。また、CADを使う現場では、資格そのものよりも設計・製図の知識や実務面が重要視されます。余談ですが、現在の製図現場において、CADの操作ができることは仕事に取り組む大前提のスキルとなりつつあります。

これらのことを踏まえて、CADの取得を目指すに当たっては「どのような仕事をしたいか」を明確にしたうえで資格取得を目指すことが重要となります。

また、一般的にはあまり知られていないことのようですが、CADを使った仕事の需要は業種によって地域差があります。まず、建築系のCADオペレータは東京都心部をはじめ、大規模な建築プロジェクトが行われている都心部周辺で需要が多いといえます。一方、機械系のCADオペレータは自動車部品に代表されるように、機械部品の製造を手掛ける工場が多く存在する地方で需要が存在します。これらのことについては、CADオペレータを目指す皆さま自身で資料を取寄せて比較してみることが重要です。

3次元CADの将来性

3次元CAD (以降 3D-CAD) はこれまでの2次元CADで平面的なCAD図に立面方向を加えたものです。3D-CADの特徴として、コンピュータ上に立面モデルを作り出すことで、設計知識がない人でも完成品のイメージがしやすい点です。

これまでの2次元CADでは、平面図・立面図をそれぞれコンピュータ上にトレースするため、「製図・設計」に関する知識が必要となります。そのため、複雑な形の製品の場合、関係者全員が理解するのに時間がかかる問題がありました。しかし、3D-CADの登場により設計・営業・顧客・納入業者など専門知識が異なる人々が完成品のイメージを共有しやすくなり、打ち合わせの時間や回数を短くできることが考えられます。

今後、3D-CADの活用が特に進むと考えられる分野として、航空宇宙・ロボット・医療・3Dプリンターといった業界が考えられます。これらの分野では、高度な3D-CADのスキルが求められると考えられます。

*
*
* (公開されません)