CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験

今回は、CAD利用技術者試験について述べさせていただきます。

CAD利用技術者試験とは、コンピュータ教育振興協会が実施している資格試験のことで、CADシステムの操作やCAD操作のメインである設計・製図業務およびハードウェア・ソフトウェアこれらに関する知識・スキルを有していることを認定する資格です。

ここからは、CAD利用技術者試験の詳細について説明してゆきたいと思います。

受験資格

3次元CAD試験

・2級:資格制限はありません。

・1級・準1級:2級試験の合格者

2次元CAD試験

・基礎試験:資格制限はありません。

・2級:資格制限はありません。

・1級・準1級:2級試験の合格者 (過去の1級試験合格者)

試験の内容

3次元CAD試験

2級 (筆記試験、60分)

・3次元CADの概念

・3次元CADの機能と実用的モデリング手法

・3次元CADのデータ管理と周辺知識

・3次元CADのデータ活用法

1級・準1級 (実技試験、120分)

・CADリテラシー

・空間把握能力

・2次元図からの3次元作図能力

2次元CAD試験

基礎試験 (インターネット50問、50分)

・CADシステムの基礎知識とCAD利用法

・CADを動かすコンピュータシステム

・ネットワークの基礎知識

・情報セキュリティと知的財産について

・製図の基礎知識

・製図の目的と一般規則

・製図の原理と表現法

・図形の基礎

・三角形、四角形、多角形、円形、立体図形

2級 (多肢選択方式、60分)

・CADシステム分野 (図形の知識を含む)

・製図分野全般

1級・準1級 (筆記試験・実技試験、80分)

※トレース、建築、機械の3分野に分かれて試験を実施します。

トレース

<筆記>

・製図の知識全般

<実技>

・編集、レイヤの設定能力

・トレース能力

・投影能力

建築

<筆記>

・建築製図の知識

・設計情報の電子化

<実技>

・RC造建築 (平面図、立面図、断面図、区系図)

・木造建築 (平面図、断面図、立面図)

機械

<筆記>

・機械製図の知識

<実技>

・機構部品の作図

・カタログや要目表をみて、適切な数値を選択して作図

合格基準 (併願の場合、2級試験に合格することが1級試験合格の前提です)

3次元CAD試験

・各分野で50%以上に合格したうえで、全体で70%の正解率を出す。

(1級・2級共通)

2次元CAD試験

・1級、2級:各分野で50%以上に合格したうえで、全体で70%の正解率を出す。

・基礎:全体で70%以上の正解率

受験料

3次元CAD試験

・1級:¥16,200 (2級と併願の場合、¥21,600)

・準1級:¥10,800 (2級と併願の場合、¥16,200)

・2級:¥7,560

2次元CAD試験

・1級:¥16,200

・2級:¥5,940

・基礎:¥4,320

申し込み期限

3次元CAD試験

・前期:5月上旬~6月上旬

・後期:10月上旬~11月上旬

※各級共通

2次元CAD試験

・1級:4月上旬~5月中旬、8月下旬~9月下旬

・2級、基礎:4月上旬~翌年2月下旬

受験日程

3次元CAD試験

・前期:7月中旬

・後期:12月中旬

2次元CAD試験

・1級:6月中旬、11月中旬

・2級:申し込み手続きが完了次第随時

・基礎:4月上旬~翌年3月下旬 (通年)

合格発表

3次元CAD試験

・前期:8月下旬

・後期:翌年1月下旬

2次元CAD試験

・1級:8月中旬、翌1月下旬

・2級、基礎:試験終了後、即時

受験会場

3次元CAD試験

・全国主要都市

2次元CAD試験

・1級、2級:全国主要都市

・基礎:CSAJが指定する会場

*
*
* (公開されません)