CAD DXFについて

CAD DXFについて

今回は、CADソフトの一つであるDXFについて説明させていただきます。

CADを用いた業務においてよく聞く言葉の一つに「DXF」が挙げられます。異なるソフト間でのデータ交換で利用されるなど、DXFはCADを使った業務にあたるうえで頻繁に接するワードと思います。

しかし、このDXFはベテランの方々の間でも誤解されていることが多いのも事実です。そこで、このDXFについて一通り説明させていただきます。

DXFとは

まず、DXFとはDrawing Exchange Format の略語であり、オートデスク社が開発した製図フォーマットの一種です。フォーマットはテキスト形式とバイナリ形式の2種類がありますが、バイナリ形式は対応しているソフトが少なく、テキスト形式が一般的です。テキスト形式ではデータをテキスト形式で読み込み保存するため、データの容量が膨大になりがちですが、データの圧縮によって冗長な内容の高圧縮を見込むことができます。

実務面においてDXFファイルを使う機会としては、作成したCADデータをDXF変換して、他のCADソフトで読み書きできるようにすることと思います。このため、DXFはCADにおける共通のファイル交換ソフトのようなものと思われている方も多く見受けられます。しかし、前述の通りDXFは、れっきとしたCADソフトの一種であります。

そこで、次章にてDXFの開発経緯について述べてゆきます。

DXF開発のいきさつ

ここでは、DXFが開発されたいきさつについて説明します。

まず、CADに限らずソフトウェアはソフト自体のバージョンアップによってファイル形式が更新され、旧バージョンにはなかった機能が新たに追加される場合があります。この際、更新後のバージョンで保存したデータを更新前のバージョンで開こうとすると、データ表示をパソコンが拒否してしまいます。(「ファイルを読み込めません」を表示されます)

このようなトラブルを避ける目的でDXFは開発されました。DXFで保存した場合、前述のような場合は更新前では読み込めない部分を読み飛ばしてもデータ全体のつじつまが合うようパソコン内で微調整を行います。そのため、情報の整合性がいびつになってしまう問題点は残りますが、データを開く目的はクリアされます。

DXFの特徴

DXFファイルの特徴として、テキスト形式が一般的なものを使用しており、メモ帳などのテキストエディタで開くことができます。また、ファイル構造も全て公開されていることも特徴です。(過去にはdxf の詳細マニュアルが標準添付されていました。このため、ファイル構造と併せて活用することで道路のような連続体の線形についても、計算によってdxf形式に書き出し、図面化することができます)

ちなみに、dxf ファイルは比較的簡単な構造であり、経験の浅いプログラマであっても根気よく取組めば同ファイルを作成することができます。

最後に

ここまで説明してきた通り、DXFはその特徴から異なるCADソフト(JWとDWG など) 間でデータをやり取りする場合のファイル交換ソフトとして一般的に利用されています。

しかし、基データ自体は各ソフトウェアメーカが開発したものです。そのため、基データのバージョンによっては文字化けなどの問題は残ってしまいます。

一方、DXFは近年需要が高まっている3次元CADにも対応しています。そのため、3次元CADのサポートにも活用しています。(落合重紀氏が解説書を多数著作されています)

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事