CADのトレースデータを種類の違うべつのソフトウェアで開く方法ってあるの?

CADのトレースデータを種類の違うべつのソフトウェアで開く方法ってあるの?

現在CADの種類は数百種あると言われています。そこで大きな問題とされているのがファイルの互換性です。
CADの種類はたくさんあり、ソフトウエアによって無料でダウンロードできるフリーソフトのものから、500万円以上する高額なソフトウエアまであります。しかし、各社で出しているファイルは互換性が完全ではないのが現状です。AutoCADというCADソフトウェアの中の代表的なソフトウェアが扱うファイル形式の「DXF」や「DWG」などは、開発当初バージョンアップ後でも下位・上位の双方互換を目的として開発されたファイル形式でした。その設計思想や目的・オープン性などが高く評価され、広範囲にわたってそのファイル形式が使用されるようになりました。

互換性の問題には2つの原因があった

実際のところは製品の細部にわたる差異を埋めることはとてもに困難です。上位バージョンで作成したファイルを下位バージョンで修正しようとした場合などには、結果的に読み込み不可能となってしまうことや、必要な情報が欠落してしまうなどの問題があります。一目見て図面が間違っているとわかるなら問題ありませんが、細かい図面の一部のみ間違ったデータなどは見分けるのに非常に困難で確認するだけで大変な労力になってしまいます。

このような現象がおこってしまう原因には多くの要素があるのですが、その中で大きく考えて2点上げることができます。

ソリッドカーネルの問題

まず1点目はソリッドカーネルと呼ばれる3次元CADの相違があります。ソリッドカーネルとは、3次元でオブジェクトを表現するときに使われる手法といえるでしょうか。例えば曲面を表す時の表現方法だけでも、ベジェ曲面、NURBUS曲面、Bスプライン曲面などがありますし、更にオブジェクトのソリッド形状を表現する方法などにも様々な方法論があります。この様な仕様の違いが曲面表現の違い、幾何表現の違い、モデリング許容値の違い等を生じさせます。

ソフト間のプログラムの違い

もう1点が、例えば1つの線分を表すにしても、始点と終点を指定し線分を表す定義方法と、始点から、方向、線分の長さを指定して線分を表す定義方法などがあり、この定義方法が異なればデータのやり取りは出来ないことになってしまいます。

現在これらの問題点は、「IGES」のような中間ファイルや、現在普及が進んできている「STEP」というファイル形式が解決手段の一つとなっているようです。

IGESやSTEPのようなソフトウェアなどに依存しない「標準化」という概念は、どの業種でも活発にその範囲を広げているようです。 CADシステムの業界は個々の特徴が現在でも強く残っており、コアユーザと呼ばれるある特定のソフトウェアを好み、ほかのソフトウェアの使用を好まないユーザも数多くいらっしゃるようですので、標準化が進むには時間がかかるかもしれません。

*
*
* (公開されません)