CADのスキルを活かした転職・就職方法

CADのスキルを活かした転職・就職方法

CADは現在、ほとんどの企業で必須のスキルになっています。そのため、もとめられているそのスキルがあれば、就職や転職するにあたって非常に有利に働きます。CADは、コンピュータの知識があればとても使いやすいソフトです。すこしのコツでぐんと上達することも可能です。また、転職する人の中には、多少でもCADの知識を持っている人がいるでしょう。CADが使えるというだけでなく、さらにCADの資格を取得しておけば面接官の印象はきっと良くなるし、アピールポイントにもなります。

CADとは?初心者からのCADの使い方

CADは建築、機械設計、電気設備、土木をはじめ各種商品、インテリア、アパレルなど、どのようにかかわっているのか想像のつかない分野まで多岐にわたっています。設計や製図、デザインなどは、定規やコンパスを使った手作業そして2D CADまでで行っていました。1990年代になると、手書きでの2D作業から3D設計できるwindows-NX系のコンピュータが登場したことでCADは技術系サラリーマンを問わず、文系理系問わずだれでも身に付けたいスキルとなりました。
デザインや設計、製図がが2Dから3Dに変わって20年になります。CADは 、大別してAutoCADとJWCADがあります。特に世界中に普及したAutoCADは2D汎用から2Dもしくは3D用の建設、土木、電気制御、マッピング、機械設計CADなど多種多様です。いずれも加筆や修正が誰にでもできるほど易しく、PCを使った作業が大幅に効率アップしました。

設計デザインにおけるCADと手書きの大きな違い

手書きの設計やデザインは、手が滑ったり、線が曲がったりといったある程度の「アバウト」は仕方のないことでした。しかし、CADを使う場合はそれが許されません。あらかじめ要求される長さがきっちり図面に現れます。マニュアル通り1歩1歩進めば、追加作業や修正はどんどん楽になります。CADはコンピュータが設計を支援するソフトであるため、正確な図形を描くために用いるソフトです。
CADに精通すれば、手書きは非常に面倒くさい作業となります。CADについて詳しくない場合であっても、CADの基礎知識やインストラクターから実地の演習を受けて、資格を取っておくと非常に役に立ちます。

CAD資格は数ある資格の人気上位に

CAD資格は数ある資格の中でも特に人気のある資格です。CADは就職や転職に必須ではありませんが、CADを業務で使用する企業が大企業だけでなく中小企業にまで広がっている現在は、その資格を持っていることでかなり有利になります。

CAD資格検定を実施しているところで比較した場合、人気の上位5位までの5法人中4法人に共通するのは、受験料が1万円と比較的手軽に受験することができることです。インターネットで申し込み、在宅で受験することが可能です。認定試験の合格率は70%以上となっており、自習あるいは通信講座を受ければ、比較的取得しやすいものです。設問は比較的易しいと言われています。

転職を考える人へ

CADはそんなに難しいスキルではないことが分かりました。
長時間のデスクワークが嫌ではないなら、どんな人でもCADソフトを修得することができます。CADオペレーターとして就職するのなら、何年かの経験が必要になります。しかし、ほかの職種でも、CADが分かる人は重宝されます。業界も多岐にわたります。しかし、あくまでも知識やスキルを身に着けることが目的の資格です。これで就職・転職間違いなしということはありません。CADは義務づけられていない資格であって、現代企業人が身に付けておいて損はない、身に付けるのが常識になろうとしている資格です。

*
*
* (公開されません)