CADオペレーターのアルバイトの種類と内容

CADオペレーターのアルバイトの種類と内容

一口にCADオペレーターと言っても、「建築」「土木」「機械」など、色んな種類があります。建築業界に絞ってCADの資格や経験を活かしてアルバイトをしたい人の為の、おおまかな仕事の内容と特徴について紹介してきます。

建築業界

建築業界と一口に言っても、「ハウスメーカー」「建設コンサルタント」「設計事務所」などがあり、設計事務所はその中でさらに「デザイン設計事務所」「設備設計事務所」「構造設計事務所」など分かれており、それぞれ特徴と必要なスキルが変わってきます。

ハウスメーカー

ハウスメーカーのCADオペレーターは、自分でお客様のところに直接話しを聞きに行って、自分が聞いてきた話を元に間取り図を作図するプランナー寄りの場合と、常に事務所にいて、営業員がお客様から聞いてきたラフプランを元に作図する事務員寄り場合があります。また、社内に建築士等がいて指示されて製図する場合と、建築事務所を外注している場合があり、外注の場合は設計図面ではなく、大まかな間取り図を作成し、設計事務所にメールする事になります。設計用の図面を起こすJWCADやAUTOCADより、ARCHITRENDやマイホームデザイナー等の、プレゼン用のソフトを使用している会社が多いかもしれません。

デザイン設計事務所

一般的に建築設計事務所とは、計画系の設計事務所やデザイン系の設計事務所の事を指します。計画の設計事務所やデザイン設計事務所が元請けになって、仕事を動かしている場合が多いです。CADオペレーターとしてアルバイトをする事になってもまわりに建物をよく理解している建築士がいるので、指示されて動く事になるでしょう。CADソフトの他にイラストレータやフォトショップ等のデザイン系のソフトが使えると重宝されるかもしれません。一般的に非常に残業の多い業種でもあります。

設備設計事務所

設備設計事務所は現場の施工管理も一緒にやっている事務所が多いです。傾向としては、現場が中心の事務所が多いかもしれません。現場がメインになってくる業種なので、慣れてくると図面の事はCADオペレーターに任される事も多いでしょう。場合によっては現場に出される可能性もあるかもしれません。

構造設計事務所

構造設計事務所については、一般的にアルバイトのCADオペレーターで募集をする事は少ないかもしれません。あるとするなら、最初はアルバイトのCADオペレーターとして設計を覚え、いずれは免許をとって設計者にと言われるかもしれません。キャリアアップしたい人にはいい環境と言えるでしょう。ただし、構造分野は建築の中でも特に数学的な要素が強いので、理数系が苦手な方にはオススメできません。

建設コンサルタント

建設コンサルタントは設計よりも、補償コンサルタント等の「家屋調査」で必要な図面を書くCADオペレーターを募集している場合が多いでしょう。家屋調査用の図面は、設計の図面よりも詳細が必要ないため、建築士の免許がなく現場の経験がないCADオペレーターが入りやすいといえます。設計用の図面を写したりといった作業や、他の会社が作成したCADデータを扱う事も多いので、図面を変換する為の知識を持っていると重宝されるでしょう。

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事