建築製図の視野を広げるフリーソフト

建築製図の視野を広げるフリーソフト

建築系の製図を行う上で、設計の知識も少しでも持っていると、作業の進め方にも変化が出てくるでしょう。しかし、建築士、設計士といった難関資格を勉強するのは簡単なことではありません。

、住宅の間取りを考えることで、製図の作業から設計の観点を身につけていこうという趣旨で書いていきます。

気軽に建築系の雰囲気を味わえるフリーソフトをご紹介したいと思います。また、建築系CADの勉強を始めたいが、ちょっと敷居が高いな…と思っている方にも是非見ていただきたいです。

気楽に夢のマイホームを設計!

せっけい倶楽部

せっかく住宅の設計を行うならば、いつか自分が住みたいような理想の家を設計してみたいですよね!(建てられるかどうかは別として)

せっけい倶楽部は、気軽に住宅間取りを作成できるフリーソフトです。なんと、3D表現もでき、サイトに投稿した作品は、より実物の住宅に近いようなイメージ画像が作っていただけます。(時間はかかるようです)

実際に、住居のリフォームや新築を考えている方が、このソフトを使ってイメージを工務店に伝えていることもあるようです。

間取り好きにはたまらなく、趣味として楽しむにも良いソフトですね。

 ダウンロード

せっけい倶楽部のダウンロードには、名前、住所の入力が必須となっています。ソフトダウンロードの知識が薄い一般の方にもわかるように、手順の記載もあり、安心です。自宅に高速通信のない方向けに、分割ダウンロードをすることもできます。

ソフトを操作してみて

CADのように一から線を引いていくわけではなく、すでに用意されている部品状の部屋や建具などを配置していくタイプのソフトです。部屋の修正や削除など、はじめは操作が分かりにくかったですが、小一時間ほどやってみて、それなりの間取りを作ることができました。

マウス操作でほぼ事足りるため、素人でも楽しく作業することができました。

せっけい倶楽部でできること

このソフトで作成できるのは「間取り図」で、よく住宅会社や賃貸の広告に出ているものを作成できると思ってください。間取り図では、住む人が部屋の内部を想像できることが最も重要です。一方で建築図面は、「家を作る」ためのものですから、用途は異なります。

建築CADとの違い

建築CADでも間取り図に近いものとして、「平面図」を作成しますが、これは「図面」であり、大工さんなどの家を作る人のためのものです。そこには壁や柱、扉、窓枠など、なにをとっても厚みや動線の計算が必要で、正確な数値が必要となってきます。また、住居に欠かすことのできない「配管、配線」といった項目についても考慮が必要です。

このソフトではそのような「図面」としての側面は略されていますが、住む人の立場で動線や部屋の配置、扉の開閉を考えたり、家具やインテリアを配置することができます。また、光源を意識した窓の配置、部屋の向きといったことは普段図面を作成しているだけではイメージがつかみにくいのではないでしょうか。つまり、CADオペレータが設計士の目線で図面を見る訓練ができるのです。住む人の観点で間取りを考えるというのは設計士の考え方を知るのに大変参考になると思います。

建築系CADを勉強している方、これからやってみたい方、間取り図が好きな方は、ぜひダウンロードして間取りを作ってみてください!

*
*
* (公開されません)