23.コーナー処理・伸縮

23.コーナー処理・伸縮

この章ではコーナー処理・伸縮について解説します。

単線四本を四角形に作図する

複線コマンドの選択方法はアイコン(図-1)を押下げします。また、KEYコマンドでは【V】を押すことで選択出来ます。タイトルバー⇒編集⇒コーナー処理でも可能ですが、慣れてきたら【V】コマンド選択が良いです。比較的頻繁に使用するコマンドなので左手操作で作図スピードも格段に上がりますし練習しましょう。

 図-1

作図するのに必要な単線を描きます。(図-2)大きさはそれぞれ1000とします。作図する位置は適当で構いません。次にコーナー処理アイコンを押下げします。コーナー処理の機能は2種類あり線と線の交点で結ぶ機能と、線を切断する機能です。

 図-2     図-3

まずは線を結ぶ操作から習得しましょう。左側の線と上部の線を繋ぎます。操作方法は線と繋ぎたい線を左クリックします。これで実行出来ます。(図-3)次に線の切断方法ですが、切断したい任意の箇所で線上を右クリックします。画面では一本の線に見えますが2本の線が連続しています。

伸縮

伸縮コマンドの選択方法はアイコン(図-4)を押下げします。また、KEYコマンドでは【T】を押すことで選択出来ます。タイトルバー⇒編集⇒伸縮でも可能ですが、慣れてきたら【T】コマンド選択が良いです。比較的頻繁に使用するコマンドなので左手操作で作図スピードも格段に上がりますし練習しましょう。

 図-4

伸縮させる縦線を引き、複線で10本引きましょう。間隔は500にしてください。(図-5)

 図-5(連続した線を複線で描いた)

次に左側から右斜め上に単線を描きます。(図-6)

  図-6

伸縮コマンドを押下げします。次に一番右側の線を左クリックし、斜め線との間を左クリック。すると選択した線はクリックした箇所まで伸びます。(図-7)

   図-7

今度は元に伸縮コマンドで元に戻します。伸びた線を左クリックし、隣の単線の上部を右クリックするとクリックした線と同じ位置まで縮まります。次に基準線を設定し個別の線ごとに伸縮させる作図方法を解説します。斜めの線を右ダブルクリックします。選択されピンク色になります。次に下部の単線を左クリックで選択すると斜め線まで延びます。コマンド解除するまで有効になります。(図-8)

 図-8(選択した線のみ伸縮できる)

効率良く運用する為コントロールバーを活用します。

 図-9

☆一括処理:頻繁に使用するコマンドです。慣れるまで繰り返してください。 まずは伸縮する箇所までの基準線を選択します。図-6の状態にして【一括処理】を押下げし斜め上の線を左クリックで選択します。次に左右どちらでも構いせんが端の線を選択し反対側の端線を左クリック全て選択されたらコマンドーバーの【処理実行】を押下げすると斜め線まで垂直線が延びます。縮める場合も同様の操作(線が基準線を超えている場合)で作図出来ます。

*
*
* (公開されません)