17. 多角形

17. 多角形

この章では多角形について解説します。

多角形を描く

多角形コマンドの選択方法はアイコン(図-1)を押下げします。また、KEYコマンドでは【Shift+W】を押すことで選択出来ます。画面上部の[タイトルバー]⇒[作図]⇒[多角形]をクリックすることでも可能ですが他のコマンドと違いそれほど頻繁に使用することは少ないと思います。筆者はアイコン選択をしています。
 図-1
多角形コマンドを選択すると、五角形が現れます。作図してみましょう。任意点には左クリック、読み込みで作図するには右クリックしてください。(図-2)
 図-2
• コントロールバー操作 (図-3)
効率良く運用する為コントロールバーを活用します。
 図-3
① 2辺:指定した寸法線をVの字に作図することが出来ます。(図-4)基準となる四角形を作図します。1000角の四角形を作図します。次に寸法値1000、四角形の右下、左下の交点を右クリックするとVの字になった図形が出ます。辺寸法は1000です。(図-5)
 図-4   図-5
② 中心→頂点指定・中心→辺指定:いづれも多角形の中心から頂点か辺までの垂直距離かで大きさが変化します。(図-6)寸法1000でそれぞれ作図した場合です。(図-7)寸法を入れましたので確認してください。左側は頂点までが1000、右側は辺までの垂直距離が1000です。
 図-6   図-7
③ 辺寸法指定:多角形の辺寸法を指定出来ます。(図-8)寸法は1000のままで作図すると(図-9)のようになります。条件設定で3種類の指定が出来ることがわかりました。
 図-8   図-9
④ 角数:多角形の頂点の数を指定出来ます。(図-10)頂点5,7,12で作図してみましょう。それぞれの数字を入れ決定すると作図出来るので任意点で左クリックです。(図-11)更に三六面体を作図してみましょう。ほぼ円形で作図されます。CAD上では丸に見えても円とは属性が違うので円の代用で使用するのはやめましょう。
 図-10   図-11
⑤ 底辺角度:底辺部分の角度を設定することが出来ます。(図-12)任意の角度を設定出来ます。度分秒で入力したい場合は(9.線の傾き)を参照してください。(図-13)
 図-12   図-13
⑥ 辺:基点を選択できます。中央・辺・頂点の3種類あります。辺は一辺の中央を基点としています。(図-14)
 図-14
⑦ 任意:任意に多角形を作図出来ます。最初から閉じられた多角形で作図出来るので複雑な図形も作図出来ます。選択した際はソリッドが掛かっているので線のみで運用する場合はソリッドのボタンを解除します。

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事