14. 2線・中心線

14. 2線・中心線

この章では線コマンドの派生ともいえるコマンド郡について解説します。

同じ幅の2線を描く

2線コマンドの選択方法はアイコン(図-1)を押下げします。また、KEYコマンドでは【W】を押すことで選択出来ます。画面上部の[タイトルバー]⇒[作図]⇒[2線]をクリックすることでも可能ですが慣れてきたら【W】コマンド選択が良いです。左手操作で作図スピードも格段に上がりますので練習しましょう。
 図-1
作図するのに必要な四角形を描きます。大きさは1000角とします。次に2線を選択すると、コントロールバーに【2線の間隔】が現れますので好きな数字を入力します。初期設定では50の幅になっています。 この機能は例えば木造住宅の壁線を記入したりするときに便利です。選択後に四角形の任意の一辺を左クリックして下さい。基準線選択が完了します。次に2線を描く始点をクリックして下さい。マウスを動かすと2線が描かれ終点の線をクリックして決定します。連続した2線を描くために左ダブルクリックで次の四角形の一辺を選択して下さい。コーナーが繋がります。そのまま四方全て記入すると(図-2)のように仕上がります。
図-2
• コントロールバー操作 (図-3)
効率良く運用する為コントロールバーを活用します。
  図-3
① 1/2間隔・2倍間隔:2線の間隔を、1/2又は2倍に変更することが出来ます。
② 留線:始点又は終了点をコ型に閉じることが出来ます。(図-4)留線の出は(図-5)で決定します。
③ 
図-4  図-5
④ 留線常駐:留線を常時使用する場合に使用します。
• 線と線の間に中心線を描く
2線コマンドの選択方法はアイコン(図-6)を押下げします。また、KEYコマンドでは【I】を押すことで選択出来ます。画面上部の[タイトルバー]⇒[作図]⇒[中心線]をクリックすることでも可能ですが慣れてきたら【I】コマンド選択が良いです。左手操作で作図スピードも格段に上がりますので練習しましょう。
 図-6
作図するのに必要な四角形を描きます。大きさは1000角とします。次に左側の線と右側の線を選択しましょう。その後に中心の始点を選択。後は【線】コマンドと同じく終了点を指示で完了です。それでは次に上部の線と右側の線を選択しましょう。今度はこの2本の線の交点に沿って右45度の線が描かれます。平行線のみではなく様々なケースで中心線を描くことが出来ます。(図-7)
 図-7

*
*
* (公開されません)