36.寸法(1)

36.寸法(1)

この章は寸法について解説します。これまで様々な方法で図形を作図してきました。図面として成立させるには正確な寸法と作図が必要になります。図面の基幹部分である寸法について学びましょう。

図形に寸法を作図する

寸法コマンドの選択方法はアイコン(図-1)を押下げします。また、KEYコマンドでは【S】を押すことで選択出来ます。タイトルバー⇒作図⇒寸法でも可能ですが、慣れてきたら【S】コマンド選択が良いです。非常に頻繁に使用するコマンドなので左手操作で作図スピードも格段に上がりますし練習しましょう。
  図-1
寸法には大きく分けて2種類の属性があります。【寸法図形】で作図する方法と【寸法線と値】で作図する方法がありますが【寸法図形】で作図することを強くお勧めします。後の章でも説明しますがパラメトリック変形を行った際に数値も変形させることが出来る為、図形を修正したままで寸法はそのまま等というミスを防ぐことが出来ます。設定はコントロールバーに寸法設定アイコンがあり、クリックすると設定が現れます。下部から3行目にチェックを入れてください。(図-2)
寸法を入れるために作図します。四角形【2000..1000】、楕円を半径【1000】、扁平率【50】、円中心から水平、垂直に単線を作図して下さい。(図-3)各部の名称は(図-4)のとおりです。
 図-2   図-3(わかりやすく寸法を入れてあります)
 図-4(名称を覚えましょう)
まずは(図-3)のように寸法を入れてみましょう。寸法アイコンを押下げします。作図は引出し線位置の決定⇒点位置の決定⇒長さを決定⇒実行 の手順になります。引出し線の位置を任意点でクリックし引出し線長さを決定します。(点の位置を決めることと同意)次に四角形の左右両端角をクリックすると【2000】の寸法が作図されます。
コントロールバー操作 (図-5)
 図-5
【傾き・0°/90°】:寸法の角度を設定出来ます。初期設定では水平線になりますが水平・垂直はスペースキーを押下げすることで交互に変更出来ます。
【半径・直径】:半径は円を指示すると半径Rを作図します。楕円を指示すると(図-6)のように【1000R】と作図されます。直径も同様に指示したときに直径φを作図します。元に戻した後に直径で指示すると(図-7)のようになり、傾きを90°に指示したときは(図-8)のようになります。
 図-6  図-7  図-8
【円周】:円周の寸法を作図出来ます。作図の方法は直線の寸法線と同様の操作ですが、円を指示し引出線⇒点⇒寸法の範囲⇒実行 の順となります。(図-9)では半円部分を作図しました。円の場合は寸法の範囲指定の際には反時計廻りで作図されます。
 図-9

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事