建築CADインストラクター認定試験の口コミや評判

建築CADインストラクター認定試験の口コミや評判

人気の資格でもある建築CADインストラクターですが、口コミや評判が良い資格の取得方法や勉強方法などについてまとめさせていただきました。

建築CADインストラクター認定試験って?

ここ数年人気資格の仲間入りしてきている建築CADインストラクターの資格ですが、
日本インストラクター協会が主催している認定試験が2ヶ月に1回行われている試験になり、
70%の評価で試験合格となり資格の取得ができるようになっているみたいです。

資格取得のための知識レベルですが「建築CADにおける建築設計、建築施工図などを十分に理解したと捉えCADシステムを理解し、AutoCAD、
JWCADいずれかの操作が実務において通用するレベルまで達した方へ認定されます」とあるように
CADに関する知識がある程度必要になっていますので、独学での勉強で受験しても試験に落ちる方も多くいるような気がします。

建築CADインストラクター認定試験を免除で資格が取得できる??

ネットでの口コミや評判をみていると建築CADインストラクターの資格ですが、日本インストラクター協会の認定試験を受験せずに資格を取得する方法があるみたいです。
通常建築CADインストラクターの資格の取得には日本インストラクターの認定試験を受験し合格する必要がありますが、
ネットを見ていると通信教育での勉強や資格の取得している方が多く感じました。

口コミランキングでも3年連続1位を獲得している「通信講座・通信教育の諒設計アーキテクトラーニング」が人気がある通信教育の1つで、口コミなどでも評判が良く
「私は、諒設計アーキテクトラーニングの受講をしていてよかったと正直思います。仕事をしていると、この仕事は、テキストのこの辺りに書かれていた内容だと思う事が多々あり、仕事に非常に直結している内容なのだと、卒業してから改めて思います」
といった口コミなどがあり評判が良いのがわかります。

また諒設計アーキテクトラーニンの建築CADインストラクターの講座では資格の取得が必ずできるようになっているところも人気で、講座の卒業と同時に資格の取得ができるようです。
また実務レベルまでしっかり学べるので資格取得後はすぐに講師活動なども行える知識もしっかり身につくようです。

「実践建築CAD 建築技術者コース」に関しては卒業レベルまでいけば在宅での仕事も受ける事が可能なレベルのようで、いろいろある資格のなかでも
実用的といえるのではないでしょうか、そして講座の卒業してすぐに「卒業時に建築CADインストラクター認定資格」と
「卒業時にCADデザインマスター認定資格」が通常なら受験しないと取得できない資格が試験免除で2つの資格が同時に取得できます。

仕事をしながらでも自宅でしっかり勉強ができ、資格も必ず取得できる通信講座のコースが口コミなどでも評判が良い理由ではないでしょうか、
CADの基礎知識を学べる通信教育は数多くあるようなのですが、実務レベルまでしっかり自宅で学べる諒設計アーキテクトラーニンは数少ない通信教育の1つのようです。

まとめ

建築CADインストラクター認定試験に関する口コミなどでは通信講座が人気のようですね、実務レベル知識や技術が身につくということは就職活動
などでも約に立つ資格と知識といえるのではないでしょうか、これから建築CADについて勉強を始めようと思っている方は
通信講座などが無理なく勉強もでき良いと思いました。

*
*
* (公開されません)