工業系CADを網羅した資格、機械・設備・電気CADインストラクター

工業系CADを網羅した資格、機械・設備・電気CADインストラクター

工業系CADを網羅した資格、機械・設備・電気CADインストラクター

CADは、コンピュータを用いて建築・電気・設備などの設計図を作成する為のソフトウェアのことをいい、広い範囲の業種で使用されていることから、今や無くてはならないソフトといえます。その為、CAD使用者も年々増加傾向にあり、CADに関する資格も常に人気が高く、CAD利用者技術試験資格やCADデザインマスターなどはCAD資格の中でも特に知名度の高い資格となっております。また、設計図の製図をする場合、設計する内容に応じた製図方法があることから、建築・デザイン・電気・設備など、それぞれに応じた製図方法(記号・表現方法・設計方法・共通ルールなど)を学ばなければならず、CAD資格にもそれぞれに応じた資格が存在しております。

CADソフトの主流

さらに、現在CADソフトの主流として、AutoCADとJWCADがあり、それぞれ用途(建築用・デザイン用・機械設計用・電気設備用など)に応じた設計方法に準じて、操作方法が存在していることから、CADの資格ではAutoCAD用・JWCAD用と分かれていることも特徴と言えます。
CADの資格には、機械・設備・電気などの工業系の業種に特化した、日本インストラクター協会が認定している「機械・設備・電気CADインストラクター資格」があります。こちらの資格は、CADにおける空調設備設計・給排水衛生設備設計・電気設備設計・プラント設備設計などに精通しており、AutoCAD・JWCADの操作に十分な知識や技術があることを証明する資格となっております。
資格取得後は、今までに培った知識・経験などを活かして製図への知識や技術、さらにはCADソフトの操作に関する講習活動を行ったり、指導を行う事が可能となります。

人気の資格

資格試験は、資格認定をしている日本インストラクター協会が実施しており、受験回数は年6回(偶数月)、受験料10,000円(消費税込)、受験申請はインターネットから申し込み可能、受験は在宅受験となっている事から、誰でも受験することができる人気の資格となっております。
受験者からの評判も良く、資格を取得された方から、
「製図方法について、改めて勉強する事ができた。」
「資格取得したことによって、新たな製図方法を学ぶことができた。」
「資格を活かして、業種に応じた製図方法、CADの操作方法などの指導を行う仕事がしたい。」
などの感想・口コミがあります。
機会・設備・電気などの工業系CADの製図経験があり、さらにはCADソフトの操作方法に自信のある方は、機械・設備・電気CADインストラクター資格を取得して、さらなるスキルアップを目指してみてはいかかでしょうか。

*
*
* (公開されません)