〔AutoCAD〕19. ハッチング

〔AutoCAD〕19. ハッチング

【ハッチングを作成する】

囲まれた領域内をハッチングパターンやグラデーションで塗りつぶすことをハッチングといいます。

メニューバーの”作成”→”ハッチング”、またはコマンド”HATCH”か”H”で「ハッチングとグラデーション」ダイアログボックスが立ち上がります。ここで細かくハッチングの設定を行うのですが、まずは基本のハッチングから。

①タイプはそのまま「定義済みパターン」にしましょう。

②パターンでハッチングの模様が選択できます。斜め線やレンガ模様など、だいたいの図面で使えるハッチング模様はあると思います。パターンで選択もできますし、見本をクリックすることで模様を見ながら選ぶことも可能です。ここにない場合はダウンロードしたり作成することも可能ですが、高等技術になりますのでここでは説明を控えます。

③角度と尺度はハッチング模様の大きさや傾き具合を調整できます。あとで調整できるので、ひとまずはそのままにしておきましょう。

④ハッチングの原点はそのままの「現在の原点を使用」で大丈夫です。

⑤境界でどこにハッチング模様をつけるのか選択します。2種類あるのですが、上の「追加:点をクリック」では囲まれた境界の中をクリックすると境界範囲が自動で作成されます。(下図参考)

その下の「追加:オブジェクトを選択」ではポリラインや円などで作成されたオブジェクトが境界になります。(下図参考)

⑥オプションは自動調整にチェックをいれておくと、修正する際にハッチング領域となる線分やポリラインや円などを変形すると、自動でハッチング領域も変更されますので便利です。表示順序や画層や透過性の設定も可能です。

いろいろ説明しましたが、とりあえず①でハッチングの模様と⑤でハッチングの位置の設定さえすると、後でハッチング模様を見ながらオブジェクトプロパティで編集できるので、そのやり方を説明します。

【ハッチングを修正する】

ハッチングは実際かいてみないと尺度や傾きなど設定するのは難しいと思います。ハッチングを修正するにはオブジェクトプロパティを利用すると便利です。「パターン」でパターン名や角度や尺度が変更できます。特に尺度は機械などで図面尺度を1:1でかいている場合と、道路や橋梁で1:500でかいている場合ではハッチングの尺度もかわってきます。この尺度はその図面の尺度にあった数値を実際の図面をみながら調整してください。ハッチングが細かすぎる時は尺度をあげて、粗すぎる時は尺度を下げてみて下さい。

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事