〔AutoCAD〕15. 円弧をかく・放射線・構築線・プロパティコピー

〔AutoCAD〕15. 円弧をかく・放射線・構築線・プロパティコピー

【円弧をかく】

円弧をかくとき、どのようにしてかいていますか。円をかいていらないところをトリムする方もいると思います。しかし、円弧コマンドを使用すれば、簡単にかくことができます。

メニューバーの”作成”→”円弧”に数種類の円弧をかくコマンドがあります。コマンド入力は”ARC”か”A”です。

コマンドを実行するとコマンドウィンドに「円弧の始点を指定」と表示されますので、始点となる位置をクリックします。続いて2点目・終点とクリックすると円弧が作成されますね。これは円弧の3点を指定する一番シンプルな円弧の作成方法です。その他に最初にオプション[中心(C)]で円弧の中心を指定して始点・終点をクリックする方法や、半径・角度を指定する方法など、様々な作成方法があります。

これは下図のメニューバーをみた方が分かりやすいですね。

【放射線・構築線】

放射線とは、指定した方向に無限に伸びる線のことで、補助線や参照線としてよく使用します。

メニューバーの”作成”→”放射線”、もしくはコマンド”RAY”を入力します。始点を指定して伸ばす方向(通過点)を指定すると、無限に伸びる直線が作成されます。また、放射線は一方向ですが、構築線(コマンドXLINEかショートカットXL)は両方向に伸びる直線が作成できます。またどちらも連続して作成することができます。

これらの線はトリムすることも可能で、トリムすると「放射線」や「構築線」→「線分」になります。

【プロパティコピー】

オブジェクトにはそれぞれ画層・色・線の太さ・線種などといったプロパティが設定されています。このプロパティをコピーして別のオブジェクトに適用することができます。

メニューバーの”修正”→”プロパティコピー”、もしくはコマンド”MATCHPROP”かショートカット”MA”を入力すると、コマンドウィンドに「コピー元オブジェクトを選択」と表示されるので、プロパティのコピー元になるオブジェクトをクリックします。次にコピー先のオブジェクトを選択するとプロパティが適用されます。

またコマンド入力後、オプションの[設定(S)]で「プロパティの設定ダイアログボックス」がひらきます。

ここでコピーしたくない項目のチェックをはずすこともできます。たとえば画層はかえたくないけど、色や線種などは同じにしたい場合は画層のチェックをはずしましょう。またこの設定はコマンドを終了しても設定は保存されます。

*
*
* (公開されません)