〔AutoCAD〕10. 文字をかく

〔AutoCAD〕10. 文字をかく

文字を記入するには文字記入とマルチテキストの2つの方法があります。それぞれ機能が違いますので、両方覚えておくと便利です。

【文字記入】

コマンド”TEXT”は1行文字オブジェクトを作成する時に使用します 。改行で3段落記入しても、最終的には1行の文字オブジェクトが3つできます。一番シンプルな文字の書き方です。メニューバーの”作成”→”文字”→”ダイナミック文字記入”、もしくはコマンド”TEXT”入力後、文字オブジェクトの始点を指定します。次に文字の高さと文字列の角度を指定します。角度は基本”0”の水平になります。そして文字を入力します。

位置合わせオプション

始点をクリックする時に「位置合わせオプション(J)というオプションがコマンドウィンドウに表示されます。ここでは文字の基点を左寄せや右寄せ、中心、中央など選ぶことができます。複数の文字オブジェクトをそろえたりする場合に役に立ちます。基本の位置合わせを図にまとめました。

※位置合わせの「フィット」は指定した距離に寸法が合うように自動的に幅係数が設定されます。この「フィット」は文字幅を変更する時などに手間がかかるので、使わないでくれという企業もあります。基本の入力では使わないことをおすすめします。

これらは後でオブジェクトプロパティやクイックプロパティでも編集できます。またオブジェクトプロパティでは文字の幅やスタイル(フォントなど)も設定できます。

【マルチテキスト】

マルチテキストは文字記入とは違い、複数の段落が1つのマルチテキストとして作成され、また編集も「テキストエディタ」を使用します。メニューバーの”作成”→”文字”→”マルチテキスト”、もしくはコマンド”MTEXT” または”T”を入力後、文字を記入する範囲を囲みます。「テキストエディタ」タブが表示されますので、ここで文字のフォントや高さ、色、幅などを設定します。文字を入力後、”Enter”キーではなくテキストエディタの「閉じる」ボタンを押すと終了します(本来なら”Enter”キーで終了ですが、マルチテキストの場合は改行になってしまうため)。または作図ウィンドウの関係ないところをクリックでも終了します。

※マルチテキストは分解すると文字(1行文字)に変換されます。分解コマンドは今後説明していきますが、分解すると1行文字になるということだけ頭の片隅に置いていて下さい。

文字記入もマルチテキストも、文字オブジェクトをダブルクリックすることで文字の編集が可能です。

*
*
* (公開されません)