〔AutoCAD〕7. 円をかく、楕円をかく

〔AutoCAD〕7. 円をかく、楕円をかく

【円をかく】

メニューバーの”作成”→”円”に数種類の円をかくコマンドがあります。コマンド入力は”CIRCLE”かショートカット”C”です。よく使うのは中心と半径か直径を指定するかきかただと思います。

コマンド入力の場合、入力後コマンドウィンドウに「CIRCLE 円の中心点を指定 または〔3点(3P)  2点(2P) 接, 接,半(T)〕」と表示されます。ここで円の書き方を指定できます。

円の中心を指定してかきたい場合はそのまま中心となる位置をクリックします。半径や直径を指定する場合はコマンドウィンドウにある指示にしたがって入力します。また、直前の入力した数値は次の円をかくときにも保存されています。

半径や直径を指定せずにかく場合は、もう1点をクリックすると円が作成されます。

3点(3P)を指定してかく場合は”3P”を入力して”Enter”、そして円が通る点を3点クリックします。

2点(2P)を指定してかく場合は”2P”を入力して”Enter”、そして1点目のクリックした点から両端点の2点目をクリックします。

接, 接,半(T)を指定してかく場合は”T”を入力して”Enter”、そして2つの接するオブジェクトを選択し、半径を入力します。複数の円が該当することがありますが、その場合はもっとも近い円がかかれます。

4種類の円の書き方を説明しましたが、ほとんどは円の中心を指定して半径・直径を入力する方法だと思います。

※また、”CIRCLE”以外でも何かコマンドを入力すると、コマンドウィンドウに次の指示や補助メニューやオプションが出ます。この補助メニューを使えるか使えないかで今後のCADスキルが大きく変わってきます。

「コマンドウィンドウを広げると作図ウィンドウが小さくなって見にくいから小さくする」方や、「コマンドウィンドウは見ずに作業する」といった方もいると思いますが、見る習慣をつけることをおすすめします。

【楕円をかく】

メニューバーの”作成”→”楕円”に楕円をかくコマンドがあります。コマンド入力は”ELLIPSE”かショートカット”EL”です。1点目と2点目は楕円の軸の位置と長さをとり、3点目で幅が決まります。

楕円の円弧をかく事も可能で、コマンド”ELLIPSE”→「円弧(A)」を入力後、同じ要領で1点目・2点目で軸をかき3点目で幅をきめ楕円をかきます。その後、4点目で円弧の始点、5点目で円弧の終点の角度を決めます。

*
*
* (公開されません)