〔AutoCAD〕6. ワークスペース

〔AutoCAD〕6. ワークスペース

【ワークスペース】

ワークスペースはコマンドボタンがある「ドッキングツールバー」や「コマンドウィンドウ」、図形の情報が表示される「プロパティ」、そして「作図ウィンドウ」を自分の使いやすいように、画面のどこに表示させるかの設定ができます。

作図ウィンドウを画面いっぱいに表示させる方もいますし、「ドッキングツールバー」をすべて表示させてツールパレットを両端に表示させて真ん中のみで作図する方もいます。これはどのような図面を作成するかにもよるのですが、設定方法は覚えておきましょう。

1.「ドッキングツールバー」

メニューバーの”ツールバー”→”AutoCAD LT”で様々なドッキングツールバーが表示されます。全部を表示させる必要はありませんが、初心者の方は「グループ」「スタイル管理」「画層」「画層Ⅱ」「作成」「修正」「寸法記入」「標準」「表示順序」「文字」あたりを表示させておけばいいと思います。作図ウィンドウの両端や上下にドッキングできますので、見やすく使いやすい位置に移動させて下さい。

また作図していく上で間違えてツールバーを移動させてしまう事が多々あると思います。そんな場合はドッキングツールバーのあいているスペースで右クリック→”位置をロック”でドッキングツールバーを固定することも可能です。

2.「オブジェクトプロパティ」

オブジェクトの長さ、線種、スタイルなどといった様々な情報が記載されています。

表示の仕方は、メニューバーの”修正”→ “オブジェクトプロパティ”です。

3.「画層プロパティ」

今後レイヤと画層について説明していきますが、建築や土木の仕事ではレイヤと画層は必ずといっていいほど使われています。使用していない場合は表示させる必要はありません。

表示の仕方は、メニューバーの”形式”→ “画層管理”です。

4.「コマンドウィンドウ」

下にあるコマンドウィンドウは幅を広げたりすることも可能です。直前のコマンドも見えるように、だいたい5行程は見えるようにすることをおすすめします。

また、新しいワークスペースとして自分がカスタマイズした配置などを名前を付けて保存することもできます。メニューバーの”ツール”→”ワークスペース” →”現在に名前をつけて保存”で保存できます。

たまにAutoCADのエラーでせっかく使いやすいように配置しても初期状態にもどってしまうこともあります。しかしワークスペースを保存しておくことで、すぐに自分のワークスペースに戻すことが可能です。

また1台のAutoCADを数人で交代して使用している場合もワークスペースは便利ですね。

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事